文字の大きさ ファインロゴ
コラム

 

学会での分類に相当するトロミナール、トロミナールPlusの使用量

目的

 弊社とろみ調整食品であるトロミナールとトロミナールPlusを加えた飲料の粘度を測定した。そして「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013のとろみの分類」(学会分類2013(とろみ))で示されたとろみ付き液体の3段階のとろみに分類するために必要となる、弊社とろみ調整食品の使用量を求めた。

方法

 各とろみ調整食品を20°Cに調整した各飲料に溶解した。溶解後、20°C環境下で1時間静置し粘度測定を行った。粘度測定はコーンプレート型回転式粘度計を使用し、ずり速度50 s-1における1分後の粘度測定値を測定結果とした。なお、学会分類2013(とろみ)の分類基準となる粘度を下記表1に示す。

表1.学会分類2013(とろみ)の基準粘度

とろみの強さ

薄いとろみ

中間のとろみ

濃いとろみ

粘度(mPa・s)

50~150

150~300

300~500

結果とまとめ

各飲料を学会分類2013(とろみ)の3段階のとろみに分類するために必要となる。各とろみ調整食品の使用量を下記表に示す。この学会分類2013(とろみ)では「この表に該当しない、薄すぎるとろみや、濃すぎるとろみは推奨できない」とされている。そのため、この表を参考に患者様に適したとろみの調節が望ましいと考える。

表.学会分類2013に対応するために必要なトロミナールおよびトロミナールPlusの使用量

トロミナールの使用量                                                                                                単位%

飲料の種類

学会分類2013(とろみ)

薄いとろみ

(50―150 mPa・s)

中間のとろみ

(150―300 mPa・s)

濃いとろみ

(300―500 mPa・s)

緑茶

0.6―1.5

1.5―2.6

2.6―3.7

アイソトニック飲料

0.6―1.4

1.4―2.4

2.4―3.5

オレンジジュース

0.4―1.1

1.1―1.9

1.9―2.9

味噌汁

0.5―1.2

1.2―2.0

2.0―3.0

牛乳

0.6―1.3

1.3―2.2

2.2―3.1

濃厚流動食

0.4―0.9

0.9―1.5

1.5―2.0

 

トロミナールPlusの使用量                                                                                         単位%

飲料の種類

学会分類2013(とろみ)

薄いとろみ

(50―150 mPa・s)

中間のとろみ

(150―300 mPa・s)

濃いとろみ

(300―500 mPa・s)

緑茶

0.3―0.8

0.8―1.4

1.4―2.1

アイソトニック飲料

0.3―0.8

0.8―1.4

1.4―2.0

オレンジジュース

0.2―0.6

0.6―1.1

1.1―1.6

味噌汁

0.3―0.7

0.7―1.2

1.2―1.7

牛乳

0.4―0.8

0.8―1.3

1.3―1.8

濃厚流動食

0.3―0.6

0.6―0.9

0.9―1.3

PDFはこちらから